お知らせ

information
  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. コロナウイルスに対する「HEPA フィルター付空気清浄機(陰...

コロナウイルスに対する「HEPA フィルター付空気清浄機(陰圧対応可)」について

負圧集塵機(負圧除塵機、負圧除塵装置)はHEPAフィルター付空気清浄機(陰圧対応)として、感染症のパンデミックなどの緊急時には簡易陰圧装置として利用可能です。

2020年10月20日更新

感染症(新型コロナウイルス・インフルエンザ等)対策として、陰陽圧テントや感染症外来医療機関、高齢者福祉施設等、迅速な対応が求められる際にご利用いただくことができます。 また多目的空気清浄機として、既存の部屋(病室・診察室・廊下などの空間)を陰圧室に変えることができます。

※室内の換気に加えて空気中のウイルスを捕捉するものであり、ウイルスを殺菌・除去するものではありません。

※感染症外来協力医療機関の設備の支援のひとつである補助金の対象になります(補助率:1/2)

■特長

HEPAフィルター搭載

※高性能空気フィルター(High Efficiency Particulate Air Filter)は多くの空気清浄機にも搭載されています。捕集効率は粒径0.3 µm以上の粒子に対して99.97%以上

簡易陰圧装置、高性能空気清浄機として利用可能

HEPAフィルターを使った空気清浄機としての利用の他、陰圧装置として使用することも出来ます。

最大風量56㎥/分(機種により異なります)の大風量で室内空間を換気・陰圧/陽圧コントロール可能。 CDCガイドラインによると陰圧室として1時間当たり12回換気が望ましいとされていますので最大280㎥の空間を一台で換気することが出来ます。 24H連続稼働可。

消耗品(フィルター)の交換が簡単

フィルター交換は特別な工程を必要としないので業者への依頼が不要です(プラスドライバーなどの一般工具が必要な場合があります)

■取り扱い機種のご紹介(各商品ページへのリンクになります)

「ヘパエアーH2KMA」最大風量56㎥/分・・・・・12回換気で約280立米(例:天井高さ3Mの部屋であれば約93平米)

「PREDATOR750」最大風量21㎥/分・・・・・12回換気で約105立米(例:天井高さ3Mの部屋であれば約35平米)

※機種の比較についてはコチラをご覧ください

ウイルスに対する効果について

冒頭にも記載しておりますが、HEPAフィルターで新型コロナウイルスを含むウイルスを殺菌することは出来ません。

感染症の主な感染経路である「接触感染」「飛沫感染」「空気感染」のうちの「空気感染」を防ぐものになります。

空気循環の強化として使用(一般病室・待合室・処置室など)するほか、低コストで既存の部屋(病室・発熱外来、病児保育室など)を陰圧室に変えることが出来ます。

※空気中に漂うウイルスを捕捉するものになります。ただし、新型コロナウイルス(COVID-19)の生存期間はステンレスで48時間、プラスチックで72時間と言われていますので、HEPAフィルターで捕捉した状態で72時間以上静置することで死滅するものと考えられます。 ただし、ヒトやモノに付着したウイルスを捕捉することは出来ませんので手洗いや消毒は別途必要になります。

医療関係施設の他、老健施設、幼稚園、保育園、学校、塾、飲食店を含む各種店舗やホテル、オフィス内など人が集まる場所の感染対策としてもご利用いただけます。

記を簡潔にまとめた資料はコチラ 


この度は弊社HPをご覧いただき、誠にありがとうございます。 弊社は建機レンタル・販売のなかでも環境対策を主にしております。 負圧集塵機の他、HEPAフィルターを搭載した真空掃除機や陰圧確認に用いられるスモークテスターなども取り扱っております。 お問合せはお電話もしくは下記メールフォームよりご連絡くださいませ。 参考資料

  1. 隔離用の陰圧室、陽圧室に関する施設基準について(一般社団法人 日本感染症学会)
  2. 補助金制度について(全文)
  3. 補助金制度について(該当部抜粋)↓クリックすると大きな画像がご確認いただけます
  4. CHOICE(豪州の消費者団体)「空気清浄機は家庭内の新型コロナウイルス対策に役立つか」
  5. NHK「新型コロナウイルス みなさんからの疑問」
  6. レンタル機の返却マニュアル(現在作成中)

 

ページトップへ戻る