お知らせ

information
  1. トップページ
  2. お知らせ
  3. 【よくあるご質問】セキュリティゾーンについて

【よくあるご質問】セキュリティゾーンについて

セキュリティゾーン(セキュリティルーム)とは?

大防法及び石綿則では、負圧隔離養生をする除去作業ではセキュリティゾーンの設置が義務付けられています。

作業員の出入りや、資機材及び廃棄物の搬出入に伴い石綿が外部へ漏洩する事を防ぐために、隔離空間の出入口に設置します。

一般的に、外部から隔離養生内へ向かう方向順に、①更衣室 ②洗身室 ③前室 の3つの部屋で構成されています。

図のように、②洗身室で体表面に付いた粉塵を飛ばすためにエアシャワーを設置します。

画像引用:建築物等の解体等に係る石綿ばく露防止及び石綿飛散漏えい防止対策徹底マニュアル(令和3年3月)

最近では、橋梁等鋼構造物の塗替え塗装などで発生する、鉛・PCB対策でも同様の措置を求められるケースが増えております。

⚠入退出時の注意⚠

  • 隔離空間の出入口の覆いは最小限にとどめること
  • また、漏洩防止の為に負圧集塵機が作動し、作業空間内部が負圧になっている状態で入退出する事
  • 退出時は前室(保護衣の脱衣)→洗身室→更衣室の順に退出

※洗身室は呼吸用保護具着用のまま、30秒以上の洗身が必要

セキュリティーゾーンといっても様々な種類がありますが、ここで弊社でもお問い合わせの多い商品をご紹介いたします。

簡易セキュリティールームD-con

D-conは短時間で簡単に組み立てが可能です。15分ほどで3部屋分のセキュリティールームの作成が可能です。

3室がそれぞれ独立しているため、直列に並べたり、L字型に配置したりと自由が利く商品になっております。

また、シート内は900×900(mm)の為狭い場所にも設置が可能です。

ページトップへ戻る