HOME取扱商品一覧 > 負圧除塵機 SR-60B

負圧除塵機 SR-60B

負圧除塵機 SR-60B PDFカタログダウンロード
  • ①100V15Aの電源で、1.5KVAの電動機を駆使して、コンパクトながら高風量の56m³/minの風量を得る事ができます。
  • ②風量切替スイッチで「強」56m³/min、「強」30m³/minの切り替えができます。
  • ③風量が一定以下になると、フィルター交換表示灯が点灯します。
  • ④ボディの凸凹を極力少なくしたシンプル設計。作業後の清掃が簡単に済むように配慮しました。
  • ⑤本体は、キャスター(ストッパー付)が付いているので移動も簡単。上部に吊下げ用アイボルトを4箇所に取り付けているので、運搬も便利。
  • ⑥高性能フィルターHEPAフィルターを装着可能なので、清浄な空気となって外気へ排出されます。
  • ⑦アスベスト処理時の作業領域内を常に負圧に保つことにより、汚染された空気が外に漏れないようにする除塵機械です。
  • アスベストやダイオキシンの汚染現場以外でも、工場内の空気をキレイにしたいや作業現場にホコリを除塵したい等、環境に優しく様々な現場で使用が可能です。

■主な仕様

サイズ 800H×650W×1,010D
初期処理風量 強 56m³/min、 弱 30m³/min
HEPAフィルター JIS Z8122計数法0.3μm 99.97%以上 圧力損失245Pa 高風量型 610H×610W×290D 1台
2次フィルター 非色方式 25%~30%
594H×594W×45t 1枚
1次フィルター 594H×594W 1枚
ファン 200V 3Φ 1.5kVA×1台 AC14.5A(最大)
ケーシング 鋼板製メラミン樹脂焼付塗料仕上げ
塗装色 黒 赤 2色ツートン
付属品 HEPAフィルター交換目安 赤色LED表示
重量 98kg
その他 屋内仕様

■取扱方法

  • ①1次フィルター、2次フィルター及び HEPAフィルター等の取付が完全に行われているか確認して下さい。
  • ②電源スイッチは「OFF」、風量切替スイッチは「断」の状態にしておいて下さい。
  • ③電源コードをコンセントに差込みます。
  • ④電源スイッチを「ON」にすると、電源表示の‘緑色’が点灯します。
  • ⑤風量切替スイッチが「強」の場合は、最初からフィルター交換ランプも点灯しますが、これは通電テストを行っているためであり、電動機の回転数が安定すると、ランプは消灯します。「弱」の場合はランプは点灯しません。
  • ⑥「強」運転時に、作業場所の電源供給のブレーカーが切れた場合は「風量切替スイッチ」を「弱」に切替えて下さい。
  • ⑦使用中に‘フィルター交換’ランプが点滅または点灯した場合は、直ちに作業を中止して「1次フィルター」及び「2次フィルター」の交換を行って下さい。
    注)フィルター交換の目安について
    粉塵による汚れ等で性能が変わってきますので、目視しながら、早めの交換をお勧めします。
    1次フィルター:1回~4回/1日 2次フィルター:1回~2回/2日
    HEPAフィルター:1回/500時間
  • ⑧SR-60Bは、噴出し口に取り付けてあるセンサーで、フィルター交換ランプを点灯させる設計です。
    ただし、次の場合は新品のフィルターでも点灯する事があります。
    1.インテークチャンバーが取り付けられた時
    2.吸引ダクト、及び排気ダクトが長すぎる場合

■返却時のご注意

  • ①本体から、HEPAフィルター、2次フィルター、1次フィルターを外して、ゴミ・ホコリ等が付着していない事を確認したのちに返却して下さい。付着している場合は、清掃して返却して下さい。
    未処理で返却されますと、別途処分費を申し受けますので、ご注意下さい。
  • ②HEPAフィルター固定ネジも養生し、本体内部に張付けて返却して下さい。
  • ③吸引側、排気側口はポリシート等で養生して、さらに全体を0.15mmもポリシートで囲ってから返却して下さい。

  • 注)作業中(特にスプレー等)は、ボディ外板全体をポリシート養生して行って下さい。

負圧機SR-60B の返却取扱説明書 詳しくはこちらをご覧下さい。

ページトップへ戻る