HOME取扱商品一覧 > SシーラントⅡ

アスベストシール除去剤 SシーラントⅡ

アスベストシール除去剤 SシーラントⅡ PDFカタログダウンロード
  • ①アスベスト処理の目的に応じて、水と希釈率を変えることで使い分けできるので、MSシーラントⅡだけで多目的に使い分けれます。
  • ②強い浸透力が、アスベストを含む建築物の内部まで浸透し、粉塵を防止します。
  • ③接着力が優れており、アスベスト同士の接着、アスベストと他の物質を接着させて、アスベストの細かい繊維が粉塵となるのを防ぎます。
  • ④有害物質は含まれておりませんので、安心してご使用いただけます。
  • ⑤塗膜は、強靭で伸縮性に富み、封じ込め材としての特性にも優れています。

■性状

外観 白色エマルジョン
組成 アクリル系樹脂エマルジョン
イオン性 非イオン
pH 6±1
溶解性 水で任意の割合で希釈できる
不揮発分(%) 48±1

■SシーラントⅡ 工程別の使用量

  希釈 希釈
使用量
(kg/㎡)
原液
使用量
(kg/㎡)
使用量
(㎡/缶)
施行面積
(100㎡)
湿潤・除去 5倍 1 0.2 75  
空中散布 5~10倍        
除去面
(シール、固化
封じ込め)
3倍 0.5 0.17 90  
ポリシート面
固化
3倍 0.1 0.034 450  
総使用量         3缶

■使用方法

任意の割合で希釈できるので、目的に応じた濃度や粘度でご使用いただけます。標準的な使用濃度は次のようになります。

・除去するとき(アスベスト含有吹き付け材などの湿潤化)
SシーラントⅡ:水=1:5の希釈液を作成してスプレー。
厚み10mmなら1kg/㎡
・空中散布
MSシーラントⅡ:水=1:5~10の希釈液を作成してスプレー。
・除去後の除去面及び養生シートへの散布
  • 1.除去後の除去面 下地の種類及び状況によって変えて下さい
    SシーラントⅡ:水=1:1~3の希釈液を作成してスプレー
  • 2.養生シート面
    SシーラントⅡ:水=1:1~3の希釈液を作成してスプレー
    0.1kg/㎡
・パイプ・ボイラー・ダクトなどの場合
原液のままご使用ください。

■容量・荷姿

15kg入り 石油缶

【取扱及び保管上の注意】

樹脂エマルジョンを主成分としており、特に危険な製品ではありませんが、直接皮膚についたり、目に入った場合は、大量の水で洗い流し、すみやかに専門医の治療を受けてください。保管は一般の乳化物と同様に、室温(5~35℃)で保管し、開封後は密栓してください。

■SシーラントⅠとの違い

除去作業後に建物等を解体する場合はMSシーラントⅠ、改修工事の場合は、SシーラントⅡをお薦めします。
ただし、改修工事でも施工面積が広く、経済性を重視する場合は、湿潤及び飛散防止を主目的とする除去作業にMSシーラントⅠを、その後の除去面固化作業にはSシーラントⅡの使用をお薦めします。

ページトップへ戻る


サンワ・リノテック株式会社

〒551-0033
大阪市大正区北恩加島1丁目17番4号
TEL:06-6551-0024
FAX:06-6554-1057